葬儀のことならお任せ!メイが伝える葬儀お役立ちMAP

2020年05月22日

ペットが亡くなったときにすることは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいいペットが亡くなったら、飼い主の方はどうすればよいのでしょうか。動物の弔い方に、こうでなければならないというルールはありません。ただ遺体は時間と共に変化が起こるので、速やかに遺体を安置する処置をして、人間の家族と同様、心を込めて弔いをしてあげましょう。

自宅にお庭がある場合は、ハムスターや小鳥、魚などの小さな生き物は土葬することも可能です。犬や猫、うさぎなどの動物は、業者に依頼して火葬をすることができます。その際は、動物の遺体を綺麗に拭きとって清めてから箱などに安置します。

そしてペットの火葬をしている業者を探して火葬の予約を取りましょう。一般の斎場の中に動物用の火葬炉を設置している所もありますし、ペット専門の葬儀社もあります。予約を取ったら、火葬までは保冷剤やドライアイスで遺体を冷却し花などを飾って家族で別れを惜しみます。

お葬式の形式はさまざまです。ほかの動物と合同で火葬や供養をする方法、個別に火葬してお骨を引き取る方法、また業者によっては僧侶がお経をあげて葬儀から火葬、お骨の引き取りまでの一式を手厚くおこなうプランも用意しています。

費用や形式の違いで、亡くなった動物のたましいがあの世で迷うようなことはありません。気持ちが大切なので、飼い主さんの都合や予算にあわせて弔ってあげるとよいでしょう。