葬儀のことならお任せ!メイが伝える葬儀お役立ちMAP

2020年04月22日

一日の内容や特徴と料金プランとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年日本では葬儀に対する考え方には大きな変化があり、簡単で規模の小さな葬式に注目が集まりつつあります。そのことからよく耳にするようになったのが一日葬であり、通常の葬儀のから通夜式を省いて葬儀や告別式、そして火葬を一日で終わらせるのが特徴となっています。

一日葬は家族葬と一般葬の中間という考え方ができ、費用や手間は抑えつつ告別式はきちんと行うので、家族以外の一般的な人も参列することができ周囲からの理解も得ることができ、後々トラブルに発展する可能性が低いという魅力もあります。

プラン内容は業者による違いがあるので、料金プランをしっかり比較して選ぶことが大切です。通夜式がなくなる分、金銭面の負担は軽減させることができ準備に必要な時間や負担も軽減するので、故人と本当に別れの時間を惜しみたい遺族がゆっくりと別れの時間を過ごせるという魅力もあります。

通夜式は行わないことをあらかじめ周囲に伝えておき理解を得ておくことで、いざその時がやってきても慌てることなく対応できるようになります。リーズナブルになるというイメージがありますが、基本的な内容は一般的な葬儀と大差はないので、省けるところは極力なくすようにすると安く抑えることができます。