葬儀のことならお任せ!メイが伝える葬儀お役立ちMAP

2019年10月11日

社会人が会社の関係者の葬儀を手伝う際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人が会社の関係者の葬儀を手伝うにあたっては、遺族の意思を最大限に尊重して準備の段階から様々な角度からサポートをすることが肝心です。特に、会場案内や受付、葬式の進行など役割分担を決めるにあたっては、なるべく自分の適性に合うものを選択することがポイントです。

最近では、大規模な社葬や合同葬などが行われる機会は少なくなっているものの、大企業においては会長や社長などの重役の葬儀の手伝いに駆り出されるケースが珍しくありません。そこで、社会人として大切な場面で恥をかかないためにも、じっくりと冠婚葬祭に関する一通りの知識を身につけることがおすすめです。

また、葬儀の際には宗教や宗派によって、会場内の雰囲気や進行方法などが違うため、参列をする前に会社の上司や同僚などと意見交換をするのも良いでしょう。なお、社葬をはじめとした法人向けの葬式のプランに定評がある業者においては、葬式の準備に携わる社員に対しても適切なフォローをしているところがたくさんあります。

そのため、少しでも様々な種類の葬式のルールやマナーについて理解を深めたい場合には、各地の業者で長く働いている専門のスタッフに色々と質問をしてみることが大事です。