葬儀のことならお任せ!メイが伝える葬儀お役立ちMAP

2018年05月31日

葬儀では一般的には参列者に挨拶をします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両親や兄弟姉妹などの家族が亡くなると、お通夜や告別式などの葬儀の手配をしなければなりません。多くの友人や知人に参列をしてもらう一般葬はもちろん、家族葬の場合でも、喪主や遺族は一般的には参列者に感謝の気持ちを伝えるために、きちんと挨拶をしておく必要があります。優良な専門業者のスタッフは、お通夜や告別式などのお葬式を心を込めて行っており、遺族から代表して出棺前に喪主が挨拶をするためのアドバイスをしてくれます。

続きを読む

2018年05月12日

合同葬が選択される主な理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同葬が為される理由はいろいろあるのですが、やはり多いと言えるのは会社組織の影響力のある人物が逝去した際に遺族及び会社が施主となり行われるケースです。合同葬を選択する理由として、まず第一に、逝去されたことを社会的に訴える必要があることがあげられます。ですから葬儀につきましては原則として相当スケールの大きいものとなります。スケールの大きい葬儀を一個人で行うのは身体的、心理的負担、コスト的負担が大きすぎて、一個人では対応が難しい場合があります。

続きを読む

2018年05月10日

お礼として金銭を受け取らない業者も増えています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前の日本では葬儀を開いた際には、葬儀業者のスタッフにお礼として金銭を受け渡す事も珍しくありませんでした。しかし現代ではスタッフが金銭を受け取ってしまうと、そのスタッフが業者側から処罰されてしまう場合もあるために、金銭を渡そうとした際には注意が必要です。葬儀業者が金銭を受け取る事を止めたのは、遺族の負担を減らす事を重視しているためで、大手の業者の多くが金銭の受け取りを拒否するようになっています。

続きを読む

2018年05月05日

国際的な文化を理解しておきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今現在、国際結婚をしておりパートナーがキリスト教を進行しているという方もいらっしゃるかと思われます。そして結婚生活の中では、パートナーの両親が亡くなられたりすると、その宗教に合わせた対応を行う必要があります。もちろん仏教とキリスト教では対応に大きな違いがあり、文化の違いによって自分の動くべき立場にも違いが出てきます。例えば日本であれば基本的に火葬を行います。しかしキリスト教であれば、火葬であったり土葬、その他にも様々な葬儀の方法があります。

続きを読む