葬儀のことならお任せ!メイが伝える葬儀お役立ちMAP

2019年01月15日

いろいろな葬儀業者を比較してから選ぶこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストなお葬式を展開したいと感じているなら、間違いのない応対を見せてくれる、頼もしい葬儀業者を選ぶことが重要となります。どこの業者にお願いするかで全てが決まると言っても過言ではないので、慎重に選ぶように心がけましょう。まずは、1つの業者だけで結論を出さずに、いろいろな業者をピックアップして、特徴を比較することが大事です。どこの斎場とつながっているのか、支払い方法はどういったものを選ぶことができるのかなど、最初に調べておかなければならないことがたくさんあります。

続きを読む

2019年01月14日

決まりきった正解などはございませんが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故人がお亡くなりになってから1年ほど経過しようとするころに一周忌という法要が行われます。その法要を行うためにはご遺族は親族たちに何らかの連絡をする必要があります。というのは事前確認をしないと当日の参加人数を把握できないからです。当日の参加人数が把握できないということは、儀式の後の食事や香典返しの品物の準備もできなくなってしまうからです。ただ連絡方法に関してはこれが絶対だという正解はありません。これらは時代や参加者次第で変化する場合も充分にあり得るからです。

続きを読む

2019年01月12日

葬儀が終わった後は法要が控えています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜や告別式などの葬儀が終わると、四十九日法要やお盆、一周忌なども控えているため、遺族は忙しい生活をしています。四十九日法要は大変重要な儀式なので、僧侶に自宅に来て読経をしてもらったり、お墓参りに行った後は、親族や家族などの親しい関係の人が会食をします。以前は自宅で行うことが多かったですが、現代は多忙な人が増えているため、飲食店や斎場の一部を利用して会食をするご家庭が増えています。四十九日法要や一周忌などは、男女共に黒の喪服を着用します。

続きを読む

2019年01月08日

一日葬は現実には数日必要になります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日葬という言葉から、一切合切が1日のうちでフィニッシュするような印象を持たれがちですが、実際のところ全日程において2から3日程の期間を想定しておくことが重要になります。仮に葬儀会社の説明や広告などにおいて、一日でできるなどと言う状況では、家や施設に安置するなどの期間が含まれていないものと考慮しましょう。葬儀をフィニッシュするまでに最低限数日が要される理由は、日本国内の法律が影響しています。国内では墓地、或いは埋葬に関しての法律 第3条によって、死去より24時間は火葬できないルールになっています。

続きを読む